京都は、伝統的な食文化が進化し、多様化してきた場所です。だからこそ、誰もが一生に一度は京都の活気ある雰囲気の中で本格的な日本料理を体験する必要があります。

ここ京都で休暇をとるつもりですが、何を食べたらいいのかわからないですか?その後、あなたは正しい場所に来ました!ここホテル嵯峨野では、滞在中に試すことができる必見の名物のリストを提供します!

伝統的な京都スタイルのコースミール(京懐石)

絶対に食べなければならない最も人気のある京都料理の1つは、京懐石コースミールです。これは通常、「茶道」(茶道が続く正式な会席ディナー)、または「茶会」(軽食またはお茶を伴うお菓子)などの機会に提供されます。

京都滞在中は、京都の野菜や川魚を使った創作料理など、さまざまなレストランでさまざまな京懐石をお楽しみいただけます。ですから、伝統的な日本料理のエッセンスを手に入れたいのなら、ぜひ試してみることをお勧めします。

精進料理(精進料理)

健康好きで健康的なものを食べたいなら、精進料理や精進料理が最適です!この料理は禅仏教の寺院で開発され、中国の仏教の影響を強く受けています。この料理では、にんにく、ねぎ、にら、玉ねぎ、にんにくなどの香りの強い動物性食材や野菜はすべてメニューから外しています。 

京都を訪れたら、東林院、退蔵院、妙心寺のサブ寺院、天龍寺、万福寺、龍安寺、智積院など、ほとんどの寺院で精進料理のセットメニューが提供されることを期待してください。に。

ゆで豆腐

日本の寒い冬の時期には、ゆで豆腐が大人気です。昆布を入れた鍋に水を入れ、豆腐を煮込んで風味豊かな超ヘルシーな一品です。日本のシェフは、他にはないおいしい味を提供する伝統的な調理方法を使用しています。

幸いなことに、南禅寺の門の前には、地元の人がこの料理の由来だと言うゆう道風専門店がたくさんあります。

和菓子恭

お菓子好きですか?それなら、和菓子京を試してみてはいかがでしょうか!これは、京都で伝統的に濃い緑茶と一緒に出されるおやつです。餅のような構造で、抹茶の苦味とのバランスをとるために小豆餡を詰めた和菓子です。 

これを試すのに最適な場所の1つは、市内で最初に設立された甘いお店の1つである鍵善良房です。デザートは通常冷やして(氷と一緒に)提供され、最後の仕上げのために軽い砂糖シロップに浸されます。

admin Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です